410gone.click

©2021 sumomo-99

[Linux] pwdコマンドでシンボリックリンクの物理パスを表示させる方法

更新日: 2021-04-11T06:45:34.637Z

Linux

pwd(print working directory)コマンドは、現在のカレントディレクトリを表示します。
pwdコマンドは外部コマンドシェル組み込みコマンドの2つがあり、デフォルトのシンボリックリンクの取り扱いが異なります。
 
確認の事前準備として、ディレクトリにシンボリックリンクを作成します。

$ cd /tmp
$ mkdir testdir
$ ln -s testdir linkdir
$ cd linkdir

 

bash組み込みコマンドの場合

bash組み込みのpwdコマンドの場合、シンボリックリンクのパスを表示します。

$ pwd
/tmp/linkdir

 

外部コマンドの場合

外部のpwdコマンドの場合、物理(実態)パスを表示します。

$ /bin/pwd
/tmp/testdir

 

オプションで論理パスと物理パスの表示を制御する

オプションを利用することで、どちらのパスで表示させるかを制御することができます。

  • -L 論理(シンボリックリンク)パスで表示
  • -P 物理(実態)パスで表示

 

$ pwd -L
/tmp/linkdir
$ pwd -P
/tmp/testdir
$ /bin/pwd -L
/tmp/linkdir
$ /bin/pwd -P
/tmp/testdir

 
以上、pwdコマンドでシンボリックリンクの物理パスを表示させる方法の紹介でした。