410gone.click

©2021 sumomo-99

初心者のためのLinuxコマンド: lsコマンドの実行例

更新日: 2021-04-11T06:56:51.547Z

Linux

lsコマンドはディレクトリの内容を表示します。
デフォルトではカレントディレクトリの内容を表示します。
ここではlsコマンドのいくつかのオプションと使い方を説明します。
 
実行例は、以下の環境で実行しています。

$ cat /etc/os-release | grep PRETTY_NAME
PRETTY_NAME="Ubuntu 17.10"
$ uname -a
Linux ubuntu 4.13.0-32-generic #35-Ubuntu SMP Thu Jan 25 09:13:46 UTC 2018 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

 

目次

  1. 隠しファイルを表示したい
  2. 逆順に表示したい
  3. ファイルとディレクトリの詳細情報を表示したい
  4. 更新日時の順番で表示したい

 

隠しファイルを表示したい

lsコマンドのデフォルトでは、ドット'.'で始まる隠しファイルは表示しません。
以下は、デフォルトの実行例です。

$ ls
README.md  for_enumerate.py  omikuji.py
dice.py    getPublicIp.py    screenClear.py

 
隠しファイルを表示したい場合は、'a'オプションを利用します。
カレントディレクトリの全てのファイル、ディレクトリを表示させるには、以下のコマンドを実行します。

ls -a

 
実行例:

$ ls -a
.   .git       dice.py           getPublicIp.py  screenClear.py
..  README.md  for_enumerate.py  omikuji.py

 

逆順に表示したい

デフォルトではファイル名の昇順で表示されます。
表示順を逆(降順)にしたい場合は、'r'オプションを利用します。

ls -r

 
実行例:

$ ls -r 
screenClear.py  getPublicIp.py    dice.py
omikuji.py      for_enumerate.py  README.md

 

ファイルとディレクトリの詳細情報を表示したい

デフォルトのlsコマンドはファイル名だけ表示します。
'l'オプションを利用することで、パーミッションやユーザー、ファイルサイズなどの詳細情報を表示することができます。

ls -l

 
実行例:

$ ls -l 
合計 24 
-rw-rw-r-- 1 sumomo sumomo 883 8月 22 11:44 README.md 
-rwxr-xr-x 1 sumomo sumomo 406 8月 18 15:20 dice.py 
-rwxr-xr-x 1 sumomo sumomo 548 8月 21 11:02 for_enumerate.py 
-rwxr-xr-x 1 sumomo sumomo 592 8月 16 15:15 getPublicIp.py 
-rwxr-xr-x 1 sumomo sumomo 227 8月 17 10:54 omikuji.py 
-rwxr-xr-x 1 sumomo sumomo 346 8月 22 11:42 screenClear.py

 
列説明1列目パーミッション2列目ハードリンクの数3列目オーナー4列目グループ5列目サイズ6、7列目更新日時8列目名前
 

更新日時の順番で表示したい

更新日時の順番でソートするには't'オプションを利用します。
デフォルトでは更新日時の新しい順に表示します。

ls -t

 
実行例:

$ ls -lt 
合計 24 
-rw-rw-r-- 1 sumomo sumomo 883 8月 22 11:44 README.md 
-rwxr-xr-x 1 sumomo sumomo 346 8月 22 11:42 screenClear.py 
-rwxr-xr-x 1 sumomo sumomo 548 8月 21 11:02 for_enumerate.py 
-rwxr-xr-x 1 sumomo sumomo 406 8月 18 15:20 dice.py 
-rwxr-xr-x 1 sumomo sumomo 227 8月 17 10:54 omikuji.py 
-rwxr-xr-x 1 sumomo sumomo 592 8月 16 15:15 getPublicIp.py

 
更新日時の古い順に表示するには、'r'オプションを一緒に利用します。

$ ls -lrt 
合計 24 
-rwxr-xr-x 1 sumomo sumomo 592 8月 16 15:15 getPublicIp.py 
-rwxr-xr-x 1 sumomo sumomo 227 8月 17 10:54 omikuji.py 
-rwxr-xr-x 1 sumomo sumomo 406 8月 18 15:20 dice.py 
-rwxr-xr-x 1 sumomo sumomo 548 8月 21 11:02 for_enumerate.py 
-rwxr-xr-x 1 sumomo sumomo 346 8月 22 11:42 screenClear.py 
-rw-rw-r-- 1 sumomo sumomo 883 8月 22 11:44 README.md

 
以上、lsコマンドの基本的な使い方の紹介でした。